渡辺行政書士事務所は山口県山陽小野田市、宇部市で成年後見や相続・遺言書の作成に関してのご相談、ご依頼を承っております。また、農地転用についてのご相談や介護事業、建設事業の許認可事務も行っております。

〒756-0088 山口県山陽小野田市大字東高泊2304-1

TEL:0836-84-7295

月〜金9:00〜18:00※電話はその限りではない

行政書士・FPとは

行政書士の役割

行政書士は官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成、相談やこれらを官公署に提出する手続きについて代理することを業としています。
その書類のほとんどは許可認可(許認可)等に関するもので、その数は1万種類を超えるとも言われます。

つまり、行政書士は書類作成のプロフェッショナルなのです。 行政書士の役割は昨今、行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。

また、社会生活の複雑高度化に伴い、作成に高度な知識を要する書類も増加してきています。
行政書士が、官公署に提出する書類を正確・迅速に作ることにより、国民はその生活上の諸権利・諸利益が守られ、行政においても、提出された書類が正確・明瞭に記載されることにより、効率的な処理が確保されます。

このような公共的利益から考えても、行政書士制度の必要性は極めて高いと考えられます。

高度化した行政手続きは、作成に多くのお手間をかけるより、プロフェッショナルである行政書士にお任せいただく方がはるかに効率的といえるでしょう。
どんな些細な相談でも結構です。あなたが安心し社会活動を行っていけるよう、トータルにサポートいたします。お気軽にご連絡ください。


行政書士の仕事は代書だけではない!?-行政手続きのコンサルタント-

業務は、依頼された通りの書類作成を行う、いわゆる代書的業務から複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として、ご相談をお受けしております。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

あなたやご家族の夢や目標をかなえるには、まず、実現までの計画をしっかり設計することが大切です。この人生設計こそがライフプランです。

そして、夢や目標をかなえるには、計画的に資金を用意しておかなければなりません。

夢や目標に対して総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法がファイナンシャル・プランニングです。
あなたの人生の目標をかなえる、頼れるパートナー適切な資金計画を立てるには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。
これらの知識を備え、あなたの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナーが、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

渡辺行政書士事務所では行政書士、FPの知識を最大限に生かし、皆様の生活に密着したライフプランのサポートを行っております。
『あなたの目標を現実に・・・』皆様の人生に関われることを心より願っております。